個人事業主で屋号入りの銀行口座を作りたいあなたへ、ちょっと待った

スポンサーリンク

ぱくたそ画像01

 

「個人事業の屋号が入った銀行口座って、なんかいい」

 

そう思って、開業したその日に、個人事業名入りの口座を作成した。

作るのはとても簡単。必要な書類などがあれば、普通に窓口で作成できる。

 

 

しかし、先日個人事業名入りの口座を破棄し、事業用口座を個人名義のみの口座に変更した。

 

 

数年使ってみて、メリットってあんまり無いかもしれないというのが個人的な感想。

その理由をいくつかあげてみる。

photo by ぱくたそ

 

スポンサーリンク

短期のアルバイトをする場合

ぱくたそ画像02

photo by ぱくたそ

 

個人事業を開業してから、アルバイトを幾つか経験した。給料が手渡しのバイトなら問題ないが、問題なのは給料が振込される場合。

 

例えば派遣会社であれば、どうやらシステム上、不具合が起こるようで「振込ができないので別の口座を登録してください」と言われるいわゆる日雇い系のスポットのアルバイトでも、短期の派遣でもそうだった。

  

こちらの都合としては確定申告の計上を事業用口座のみで行いたいと思っているのに、別の個人名義の口座を利用するしかない。

  

仮に別の口座を利用したとしても、きちんと計上すれば、確定申告では問題はないが、はっきり言って面倒くさい・・・。

 

教育関連の仕事をする場合

ぱくたそ画像03

photo by ぱくたそ

教育関連と言っても、大げさなものではないのであしからず。

 

ギャラを支払うので、口座を教えて欲しいと言われ、個人事業名入りの口座を伝えようとしたところ、やはり「個人名義のみの口座でないと対応できない」と言われてしまった。

 

・・・・・面倒くさい(2度目)。笑

 

アフィリエイトを行う(予定)なら止めておいたほうがいい

最初からアフィリエイトを副業で始めた人であれば、この問題は起こらないはず。おそらく、個人名義のみの銀行口座を設定しているはずだから。

  

というか、それしかできない。

 

アフィリエイト関連業者側からしたら、「個人」か「法人」かしかない。個人事業主でも「個人」というくくり。銀行口座の登録の時、個人名義でしか登録できない。

 

 

これから個人事業を開業する、もしかしたらブログも運営するかも、という人は、口座は個人名義のままのほうがいい。

  

特に問題なかったもの

photo by Images Money

 

  • 手動で振込手続きをする、特定のクライアントからの支払い
  • LINEスタンプの売り上げ
  • 携帯の引き落とし

 

などは、登録もできるし、入金や引落しの処理もキチンとできていた。

  

公共料金は払込用紙で支払していたのと、事業用のクレジットカードは使っていなかったのでわからない(クレジットカードは、種類にもよるだろうけれど引き落とし口座としての登録はできる様子)。

  

まとめ

今まで述べた内容は、あくまで自分の経験です。なにかこだわりや理由があって、どうしても口座名に個人事業名を入れたいんだというならば、それはそれでいいと思う。

やってみなければわからないことはたくさんあるから。これから屋号入りの銀行口座を作ろうと考えているあなたへ。

参考になれば幸いです。

 

 

Nozomi.