ホロスコープが教えてくれるもの 星詠み女子会

スポンサーリンク

先日、密かにお知らせした星詠み女子会、開催しました!場所は、マドモアゼル愛先生のショップにて。私は月星座水瓶座なのですが、今日集まった皆さん、太陽水瓶座だったので、共通している水瓶座についてのトピックから。(私にとって占星術はまだ入門の門に座ってるくらいのレベルなので、この記事の内容も戯言程度に読み流していただければと思います)

スポンサーリンク

水瓶座の特徴(太陽・月)

女性にとって、月星座ってとても大事だよ〜、と聞いたことありませんか?

月星座って、本人が自覚していない場合、無意識に抑圧しやすい自分(またはインナーチャイルド)を象徴しているように思います。配置やアスペクトによって、自覚していてうまく活用できている方もいるし、ホロスコープをかじったり勉強したりしてやっと気がつくという方もいるでしょう。ええ、私は後者でしたが。。。w

太陽(よくある12星座の区分です)星座が水瓶座の方の特徴として

  • ルールや常識にとらわれない
  • 革新・革命的(支配星:天王星)
  • ユニーク・個性的・独創的・エキセントリック
  • 宇宙人的・未来的
  • 独立心が強い
  • 感情表現が苦手

などがあります(超一部なので詳しくは調べてね!)。月星座はその特性が表向きに出ていると言うより、基本的には潜在意識下にあるという感じです。

私にとって、かなり最近まで追いやられていた自分の一部の性質、月星座の水瓶座。太陽が水瓶座の三人の中に放り込まれて、いろいろと聞いていると、私的には気を使って遠慮して出さないようにしてた部分を、太陽水瓶座の人って「それが当たり前」「それが自分」「何か問題でも?」って感じなんですよね(当たり前ですが・・・w)。私の潜在意識的には「待ってました!」とばかりにかなりお喜びの様子。月が喜ぶってこんな感じなのね。

clear-blue-moon-1193543

星詠み女子会

IMG_5501

水瓶座からは少し離れ、かつ細かいことは伏せますが、火星と冥王星のタッグがいかにすごいエネルギーか、ということを人生経験から語り合いまして。同じ時代背景、星の影響で同じように一人で苦しんでいた人って同じ世代にいるものだなぁとしみじみいたしました。

ゆき姉のブログでも触れています

▶︎ https://ameblo.jp/yellow0121/entry-12371808885.html

お互いのホロスコープを見ながら、持っている知識や見解のシェア、そして心理学や宇宙語の話まで行き、さすが話題が水瓶座という感じ。

途中、マドモアゼル愛先生にもちょこっとお顔出し頂いて、フィードバック頂いたのですが

  • 仕事に生きるタイプ(惑星が左上半分にほぼ寄っています)
  • 自分でやって切り開いていくタイプ
  • 面食い
  • 周りにもの言わせない星の配置(→好きにやって頂戴、って感じらしい・・・w)

と、インド占星術で見ても西洋占星術で見ても、私のホロスコープが語ってくるところにあまり変わりがない様子です。今だから言えますが、数年前結婚とか云々で揉めたことがありまして「女性としてどうなのだろう」と悶々としていたのですが、占星術などで散々確認して「もう仕事が先!!」ってやっと腹くくりました。笑

また自分が「若気の至りとして封印している性質」があるのですが「もうそこは仕方ないから受けれてそれをデフォルトにしたら??」という、太陽&土星乙女座的には相当無茶振り的な提案もいただきまして。。。。そこは見本を見せてくれている友達がいたりするので、新しい土台を整え次第採用していこうと思っています。。。(詳しい内容は謹んで伏せさせて頂きます!)

今回は少人数で行われた女子会。少ない人数は個人的なことを話し込めていいですね。

とっても楽しかったです。ありがとうございました♪

IMG_5503

Nozomi.

 占星術の基礎を学ぶ本