なぜパートナーに対して怒りが湧いたのか。インナーチャイルドが求める愛とは

スポンサーリンク

The-girl-the-bike-and-the-light-free-license-CC0

ちょっと自分の中で消化するまでに時間かかった、この話題。

ブログで、自分の心のうちを晒すってのには、あまり慣れてない。でもそういうことを、今日は少し書いてみようとおもう。

※ 本記事、心理学系セラピーの内容になっておりますので、抵抗ある方はスルーでお願いいたします。

スポンサーリンク

前置きという名の序章

iphone-6-in-girls-hands-picjumbo-com

一応「結婚前提」で付き合ってる彼氏がいました。

遠距離、1年弱。色々事情があって月に1回会えればいいほうで、主に電話でやりとり。

お互い自分の地元で暮らしていたので、相手の地元の友達には会えてない、とか旅行とか行けないとか、お互い我慢してる状態ではあったと思う。

喧嘩するようになって、自分が自分を殺している気持ちになったりして、自分の体や本音と向き合ったり。なんかモヤモヤしたりすることが多くなって、心理学の本を読み漁った。

自分と彼は心理学的には共依存的関係だったと思う。

books_phychology_2016

そんな中、ある日どうしようもない「怒り」が襲ってきた。

なんかもう、すごすぎて。怒ったとしても、メタル聞いて、カラオケ行けばなんとかなるって思ってたここ最近。でもそうはいかないレベル。

自分の内側から、マグマが体をぶちやぶって噴き出してきそうになるかんじ。こんなにこみ上げてくる怒りってあんまりない。

ちょっと彼に地雷踏まれたもんなら即刻「別れる」って言いそうな雰囲気。生理前かもしれないし、しばらくそっとしておいてほしいって伝えて、でも彼はあまりわかってなくて(汗)LINEとかしてて。

それでもキレそうで、もうどうしようもなかったので、久しぶりにセラピー予約してみた。

インナーチャイルドセラピーで向き合ったこと

Stine Moeengelsrud

インナーチャイルドって何?って人はこちらを参照。

自分のインナーチャイルドの叫びってこんな感じでした。。。。

 

「お母さんこっち向いて、お話聞いて」

「お母さん、笑って、わたし頑張るから」

 

 

「お母さん、◯◯◯(弟)のほうが好き?」

「◯◯◯(弟)ばっかり・・・!」

「そんなの嫌だ!同じにして・・・」

 

「お母さん、わたしのこと嫌いにならないで」

「お母さんに嫌われたら死んじゃうから!嫌いにならないで!」

「どうしたらもっと好きになってくれる?」

 

「がんばるから、もっとがんばるから、もっと我慢するから!でもねどうしたらいいかわからないの。どこがだめなのかわからない。どうしてだめなのかわからない。

どこまで頑張ればいいかわからない。何がだめなの?言って?どこがだめなの?わからない」

 

「お母さん、もう頑張れない。もう疲れた・・・」

 

 

深層心理では

 

お母さんに愛されない・嫌われる=死

 

っていう方程式ができていて。

 

 

 

我慢して褒められたことがあったために

ほしいものに手を伸ばす=痛みを味わう

という方程式もあり。

 

 

人は本能的に痛みを避けるもの

だから 

 

欲しいものに手を伸ばさないことのほうがいいことなんだって今も信じている

 という心理状態だったようです。

 

「ほしいものに手を伸ばさないことのほうがいい」って信じながら「あれがやりたいこれがやりたい」って思い続けてるのって、しんどいし、そりゃおかしくなる。ブレーキ踏みながらアクセル踏むってこういうこと。

 

 

 

セラピーでは、上記の心の叫びを、子供の頃に意識と同調して、声に出して解放していく。

・・・とか、サラっと書いてますけど

 

 

すごい泣いてたし、泣きすぎて、嗚咽。

若干、呼吸困難。喉から出したくても出すのこわいってかんじで。

 

 

手から鎖骨にかけて、ものっすごい力んでいて、手に握ってるクリスタルが汗ばむほど。

「古い感情を感じているだけだから、大丈夫」って言われても力みは取れず。

疲れた〜っていうときにやっと力が抜けたくらい(次の日筋肉痛でした)

心の奥でずっと訴えかけていたインナーチャイルドの望み。

 

 

 

お母さんもっと、ぎゅ~~~ってして

 

 

 

お母さんがぎゅっと抱きしめてくれて「ごめんね」と言ってくれるイメージ。

あったかいお風呂に入った時みたいにいい気持ちがして安心する。

 

 

 

「わたしは愛されてるんだ」っていう安心感。

 

本当の意味でのリラックス。

 

これがわたしが欲しかったもの。

 

  

セラピーのあとも 

  • インナーチャイルドに会いに行って、この感覚を体に教えてあげる
  • 「ほしいものに手を伸ばす=いい気持ちになる」って教えてあげたらほしいものに手を伸ばすことができる
  • そうやって「ほしいものに手を伸ばせば痛みを味わうよ」っていう信念を変えることができる

 って教えてもらいました。

実は、インナーチャイルドセラピーは前にも受けたことがあるんですが、でも癒しが浅かったというか、タイミングじゃなかったのかもしれなくて(追記:インチャのセラピーは一度で終わりません。最初専門家と一緒にやりつつ、セルフワークに移行していけるといいのかもしれません)。

今回はすっごい腑に落ちたし、しばらく思い出しても泣いてしまうくらい衝撃でした。気づいてほしかった自分の中の小さな少女を、これからも、たくさん抱きしめてあげて、自分を愛していこうと思いました。

セラピーはここで受けました(神奈川県センター北)。

▶︎ インナーチャイルド ヒーリング専門サロン YURI’S THERAPY ROOM

セラピー後起きたこと 1

セラピーの一週間後くらいに、ぼーっとしていたら「愛と感謝」みたいな気持ちでいっぱいになる瞬間が訪れた。

 

 

その瞬間

「この、いまの流れさえも、自分がいまこの瞬間の気づきを体験したくて選んだんだ、だからこれでよかったんだ・・・わたしは愛されてたんだ」

って、言語にするとそんなかんじ。

 

胸のところから何か、ブワ~~~って出てきて、ひとりで大泣き。次の日、それを当時の彼にシェアしたら「そういうの、お母さんには言わないんだね」って言われて、ドキッとして。

 

確かに。なんかひとりで解決しようとしてたけど、目の前にいるんですよね、当事者。なんかすごく怖かったんだけど、母にシェアしてみた。セラピー行ったこととか、思ってたこと。そのセラピーでどう思っていたか。

 

 

話すとき、言葉が詰まって。。やはり泣きそうになりながらしどろもどろ話して。

でもそれを、うんうん、と聞いてくれた。

 

 

そしたら、母は

「難しいわね。親としては、心配だったりしてるだけなのだけど、どのタイミングでそこまで(愛されてないとか思い込むところ)思ってしまうかわからないものね・・・」と言っていた。

  

いまのわたしは、自分がどれだけ愛されるために必死だったかもわかったし、でも本当は愛されてたってわかったし、母には感謝してるって伝えることができました(ここで、ママ大好きーーー!キャピー!みたいに言えない自分です。。。笑)

 

 

セラピー後起きたこと 2

昔からセミナー業界では「癒されると(仕事を)辞めたくなる、(パートナーと)別れたくなる」ってよく言われてるらしいです。

まさにそれで、当時付き合ってた彼と喧嘩になり、一言でいうと「価値観の違い」なんですけれど、ああいえばこういう会話にほとほと疲れ「なんか・・・もういいや」ってなって・・・別れました。

わたしは、わたし自身を選ぶ。どんな時も。

たとえ相手にとって悪者になっても、わたしはわたし自身の味方で居る。

そう決めたから。だから、さよなら。縁があれば、また、どこかで。

学んだことは多かった。

彼がいたからここまで自分が見えたと思っているので今は感謝しています。

彼は、ある意味、わたしだったんですね。

長女病について

いわゆる「長女病」は、検索しても出てくるけど、今回の自分みたいな感じで構成されています。社会的に大人な年齢でも、中に小さい子供がいる。癒されないまま大人になっていくと、ちょっと支障がでる、色々と。アダルトチルドレン(AC)という呼び方もあります。

この間、最近知り合ったSさんのブログにも、長女病のこと、書いてありました。

「私、自分自身でブレーキたくさんかけてる

何を我慢して何を我慢しなくていいのかわからないから真の本音は隠してる。

口に出すのは、半分。口にすること、行動が本音と違うようになった

今ね、ゆっくり自分自身を取り戻す最中なの。

でも、過去の自分が許してくれない。

まだまだ頑張らないと許せないって

長女気質も邪魔してて、解放できない。」

※ 簡略化しています

わかるなぁ。

この記事に、知り合いKさんがコメント。その後、ブログ主のSちゃんの旦那様がブログに登場して「皆様うちの嫁をよろしくお願いします」ってコメント書いていて。

ちょっと

キュンとした

もうなんなら今すぐ「ハウルの動く城」観たくなりましたよ。。。

キムタクのハウルね(キムタクファンじゃないけど、ハウルはキムタクだからいいんだよね)。英語verの「That’s my girl(「いい子だ」ってところ)」ってのは、ちょっと捨てがたいけどね、キムタクが圧勝。

ときめきたいなら今すぐ!「ハウルの動く城」ですよ!奥さん!w

このアニメの主人公ソフィーも、長女なんだよね。。。。。。

さいごに

そういうわけで。

解放されたいすべての長女へ、この言葉、贈ります。

食いしばって一生懸命我慢してきた、

本当はただ、笑ってほしかった、

ただ抱きしめてほしかった、

愛されたくて必死に頑張ってきた、etc…

もう我慢しなくていい。

手を伸ばして、受け取って、安心していい。

もう、大丈夫。

自分の中の子供を抱きしめてあげよう。

自分で足りなかったら

目の前にいる大切な人に、抱きしめてもらおう。

周りはもう

あなたを包み込んで受け止める準備はできているよ。

Love your life, Live your life.

Nozomi.