Music

音楽を愛する人が求める最高のダンスパーティとは?MAW(Maters At Work)来日イベント@STUDIO COAST

masters_at_work_japan2016_ageha_studiocoast_07

スポンサーリンク

HOUSE MUSICの神DJ、LOUIE VEGA(ルイ・ベガ)のユニット、Masters At Workが来日するらしい!!!

maw_japan_ageha2016_cap

 

「これは10年後同じイベントが開催される可能性は読めない(彼らの年齢的に)」

ということで行ってきました!

出典:http://mawinjapan.com/

 

 

楽しかったDe映像

 

 

Nozomi.Sさん(@nozomiam)が投稿した動画

 

 

Nozomi.Sさん(@nozomiam)が投稿した動画

 

 

It’s alright!🎵クライマックス〜〜✨ #maw #mastersatwork #louievega #新木場ageha

Nozomi.Sさん(@nozomiam)が投稿した動画 –

 

 

やっぱりLouie Vega大好き!(欲をいえば、もうちょっと最初から持ち歌をかけてほしかった)

 

最近、いろいろ「開いて」きてるから、どう見られるかより、感じるままに自分の感覚に集中して音にのるって、すっごい気持ちいいんだなぁ〜〜と改めて思った次第・・・

 

いくつかあるフロア、どこも選曲、雰囲気よかったです。

 

maw_japan_ageha2016_djlist_cap

出典:http://mawinjapan.com/

 

 

個人的には沖野さんのDJを聴き逃してしまったのが無念・・・

ボスは、やけのはらのDJを聴きたかったらしい。

 

(真理だよね ↑)

 

また、なんかで見に行こう、うん。

 

 

 

 

Masters At Workってどんなん?

 

Masters at work – River Ocean feat. India Love & Happiness

 

 

Nuyorican soul -It’s Alright! I Feel It!

 

Masters At Work – Runaway 

 

 

うんちく好きな人へ ↓ イベント紹介文(こういう公式サイトってすぐ消えるから魚拓的引用)

 

MASTERS AT WORK。その存在は世界でも唯一無二。

 

ハウスミュージックを軸に音楽の可能性を強力に拡げた史上最強のユニットである。 サルサやラテンを背景に持ちグラミー賞も獲得しているLouie Vegaと、ヒップホップやレゲエなどのサウンドで、ストリートから強烈な支持を受けているKenny Dope。

 

それぞれの持ち味を落とし込んだMAWの音楽は90年代のデビューから現在に至るまで、ダンスミュージックシーンに与えた影響は凄まじく、既に音楽界の至宝と言われている。 日本での公演はNuyorican Soul名義でのアルバムを控えた1996年に実現。

 

その後、個々で来日公演は定期的におこなわれつつもMAWとしての来日は、多忙なLouie VegaとKenny Dopeのスケジュールを合わせることも、また提示される条件をクリアすることも困難な為、10年を経た2006年のPRIMITIEV INC.設立記念パーティーまで待つことになる。

 

今でも語られる熱狂的な盛りあがりをみせた伝説の日から更に10年、MAWとして3度目の来日公演が遂に現実のものに。世界的に見てもMAWでのパフォーマンスは年に数える程しかなく極めてプレミアムな機会だろう。 さらにMAWのみならず、PRIMITIVE INC.所縁のアーティストたちが多数集結。

 

音楽の真の価値を共有すべく強力なラインナップとなっている。ageHaの昼間という特別な環境の中で屋内と屋外のエリアをつなぎ、VIPからキッズエリアまで併設する充実のホスピタリティーも具現化。大人から子供まで楽しめるダンスミュージックのフェスティバルとなるだろう。

PRIMITIVE INC.の10周年とageHaの14周年という特別な日だからこそ実現できる10年に一度の物語が結実する。

 

文 : 大山陽一(PRIMITIVE INC.)

引用:http://mawinjapan.com/

 

 

 

Deep & Soulful HOUSEって

 

House DJの歴史を知りたい人はこちら 

▶︎ HISTORY OF DJ : HOUSE ①

▶︎ HISTORY OF DJ : HOUSE ②

▶︎ HISTORY OF DJ : HOUSE ③ 最終回

 

 

 

今やHOUSE MUSICは日本では、いわゆるオサレカフェやアパレルショップとかで耳にするようになってきたけど

 

 

自分にとってDeep & Soulful HOUSEは「平和や調和の象徴」。

楽しい、和み。楽園的な。

 

 

 

南の陽気さもあり、歴史もあり

音は・・・基本的には、リズムが「土っぽい」のが好きなのさ。

いわゆる前世の記憶ってやつかもねw

 

 

 

Jephté Guillaume feat. Daniel & Marjorie Beaubrun – The Prayer (Priyè-a) (Vokal)

 

Kerri Chandler & Joe Claussell – Escravos De Jo (Robust Horns)

 

 

Joe Claussell – Marco Polo

 

 

 

スピリチュアルハウスと呼ばれるジャンルは落ち込んでいた時に、相当励ましてもらったのもあり・・・・歌詞が結構スピなのがあったりね。

 

 

Blaze ‎- Be Yourself

 

Blaze – Breathe (Original Mix)

 

あとは、若気の至りでいろいろあって、半ばゴリ押しで数回行ったNewYorkの思い出。お金はないんだけど、周りの友達もみんな夢を持ってて、なんかよくわかんないけど楽しかった瞬間があった時。

 

これも心理学的に行ったら、記憶にアンカリングされてるだけなんだろうけれどね。懐かしいという人間が持つ独特の感覚。そのあたりは今後解明していきます。笑

 

子連れOK!客層は30代〜40代、ディスコ世代〜2000年前後のレコード世代

 

masters_at_work_japan2016_ageha_studiocoast_07

 

このイベントの素敵なところの一つとして、子連れが多く、子供が楽しめるワークショップのブースがあったり、ハンモックが設置されていたり、いろいろと考えられていたこと。親子で参加できる野外フェスのコンセプトがそこにあった。

 

 

「パリピ」的な流行りに乗っていたい、自己顕示欲バリバリ(?!)のナンバ系の人があつまるクラブとは全然違う「超平和感」。

 

 

Body and soulもそうだけど、Deep&Soulful House系のイベントって、客層がいい。へんにツンツンしてる人があまりいないの(年だろ?と思うかもだけど20代の時からそう)。

 

 

 

だからかな、なんか楽。

基本、Love & Peaceな感じ。

 

masters_at_work_japan2016_ageha_studiocoast_05

 

 

温度が気になってたんだけど、寒いのかと思いきや、野外は寒いっちゃ寒いけどストーブがしっかり炊かれてたし、メインフロアの盛り上がりが大きいほど熱気もすごい。

 

踊りまくりのお酒飲みまくり!って人ならノースリーブとか半袖で充分。ジャケットをロッカーに入れなかったわたしは暑かったw

 

驚いたのはドリンクカウンター付近にセブン銀行があったこと!こんなのあったっけ?!男性がお目当ての女性におごりまくっても大丈夫!ってことですね!(笑)

これから先のフェスやクラブイベントのあり方

 

インスタでこんなポストがありました(いいね!でお知らせありがとうございます)。

 

 

Masters At Work、作り手側としても関わってたので、全く客観的じゃないけど、きっとかなりいいパーティになったんじゃないかと思います。でしたよね!? 最後にDOMMUNEの宇川さんと話したら、その感想がかなり僕の気持ちを代弁してたので… 「このキャパを埋めるにはEDMの力を借りないと難しいと思われる時代。それがハウスの力だけで、これが実現できるとは! それだけで感慨深い。間違いなく2016年のベストパーティ。懐かしいだけで終わらずに、ちゃんとアバンギャルドさもあったのも良かった。さすがMAWだよね」 その他、いろんな人と話して、印象的だった言葉を。 「これ見てageHaのスタッフやクラブのオーガナイザーが気付いてくれるきっかけになったらいいよね。そしたら、これがまた次に繋がる」(某ベテランDJ) 「子供連れのお母さんたちがとっても楽しそうにしてるのが、凄くいい景色でした」(某アパレルPR) 「私が40代になったとき、誰かにこんなパーティをやって欲しい」(20代モデル) 「毎週にでも、これ、やって欲しい」(飲食店店長) 「お客さんの層が素晴らしいですね。いい感じの大人たちばかりで。男女のバランスもいいし、意外と若いひともいるし、熱量が高い。こんな客層がこんなに集まってるなんて、なかなかないですよね」(某Webメディア編集長) 「アリエルのライトに感動しました。ライティングオペレーターをわざわざニューヨークから呼ぶなんて贅沢だなあ、と思ってましたが、実際に体験したら納得。光と音が合うとこんなにも気持ちいい空間になるとは」(飲食店勤務) 「メイン以外のどのステージも盛り上がってて楽しかった。いいDJばかりで、それがまたいつもとはちょっと違うプレイしてるのも面白かった」(アパレル店勤務) 「ピザとかコーヒーとかがちゃんと美味しいのも良かった。もう若くもないんで、いくら腹減ってもクラブやフェスで美味しくないものなんて食べたくないからね」(出版社勤務) 「10数年振りにフロアで踊りまくりました」(メーカー勤務女性) 「Primitiveが10年間ずっと続けてきたからこそ、今の時代にこれが実現出来たんでしょうね。素晴らしい」(パーティーオーガナイザー) ご協力いただいた方々、ご来場いただいた皆様、有り難うございました。 そして、Primitiveチームとスタッフの方々、本当にお疲れさまでした。近くで見てたので、これを作り上げるのがどれだけタイヘンで、かなりの想いと熱量がないと出来なかったって分かるだけにね! また次の10年に向けて、それこそ、It’s alright, I feel it ってことで! #MastersAtWork #MastersAtWorkinJapan #louievega #kennydope #ageha #primitiveinc10thanniversary #Primitiveinc

HASEBE Atsushi/長谷部 敦さん(@a2c_hasebe)が投稿した写真 –

 

「毎週にでも、これ、やってほしい」

→ 月一でもいい・・・行くわ 笑

 

昔の知り合いが教えてくれたことだけど、イギリスではおじいちゃんやおばあちゃんになってもクラブに遊びに来るんだって。クラブは若者だけの場所ではない、と。

 

肩書きや年齢や世代・・・様々な区別を超えて、形のない音楽を通して、「繋がりたい」っていう人間の根底の欲求がそこにある気がする。

 

 

改めて、ライブやフェスなどのイベントは、「ナマモノ」でリアルに好きなものを共有するっていうスケールが大きい体験なんだよね。

 

masters_at_work_japan2016_ageha_studiocoast_06

 

その大きな体験を、いかに分け隔てなく、平和に楽しめるか・・・

 

今回の子供と楽しめるイベントのあり方って、これから先、音楽を愛する人が求めるクラブイベントの理想のあり方に通じてるかもな〜と思いました。

 

 

Masters At Work in Japan、何よりもキッズエリア設けたことは正解だった。野外フェスでは当たり前になってきたけど、クラブイベントでここまで子供連れが多かったのは前例ないほどでは。それがまたパーティの空気感をスゴく良くしてくれた。 写真はそのキッズエリアにあったデニムムブランド「LEE Japan」のブース。デニムを作るときに出る残布を使って、ぬいぐるみを作るKinuuプロジェクトによるワークショップ。こんなサポートの仕方にも、本当に感謝! 天気良ければ芝生の上で出来て、もっと良かったと思うけど、そこは仕方ないっすね。 #KinuuProject #LEE #LEEJapan #MastersAtWork #MastersAtWorkinJapan #MAW

HASEBE Atsushi/長谷部 敦さん(@a2c_hasebe)が投稿した写真 –

 

音楽を愛し、一番お金を使ってきた年代が歳をとるということが、おじいちゃんおばあちゃんから孫まで楽しめるイベントが生まれるきっかけになっていくのかもね。それはそれで楽しみだなぁ。バリアフリーのクラブが基準になったりしてね。

 

 

 

久しぶりに楽しかったし、

本当にいろいろ勉強になったよ〜。

 

masters_at_work_japan2016_ageha_studiocoast_03 masters_at_work_japan2016_ageha_studiocoast_04

 

 

 

ここ最近のDeep houseのイベントは子連れおっけー🙆‍♂️⭕️お子様専用のワークショップもあって、みんなで楽しめる。お子様には耳栓してあげてる大人もちらほら。親子で出店してる人もいた。平和✨最高(集まる年齢層もあると思うけど)。明らかにダンサーだなぁという人もいれば、ただ音楽が好きな人もいる。べつにパリピでなくてもいい。カッコつけなくてもいい。そういう誰でもウェルカムな肩に力が入ってない感じの人が自然と集まる感じが、好き。年齢問わず、音楽を楽しめる場所、大切にしたいね。 . #deephouse #housemusic #mastersatwork #louievega #kennydope #新木場ageha #enjoymusic #club #clubasia #clubing #japan #tokyo

Nozomi.Sさん(@nozomiam)が投稿した写真 –

 

 

 

人生で大切にしたいものって何だろう?

 

 

自分、自分の空間、自分の好きな事、家族、仲間、大切な友達・・・

あげたらキリがないかもしれないけれど

 

 

「ああ、自分は “こういう感じ” を大事にしていきたいんだな」って、

自分の原点に通じる一つを再確認した日でした。

 

 

It’s Alright!

I Feel It!!!!!!!!

 

 

 

masters_at_work_japan2016_ageha_studiocoast_02

 

 

 

Nozomi.

 

 

 

 

 

 

 

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です