【断捨離】mixi退会して思ったこと。

スポンサーリンク

ここのところ、過去をふりかえらざるをえない状況に追い込まれたりしている方も多いかと思います。

私は先日、mixi退会しました。

過去の日記晒される企画で一部は即退会していたみたいですねぇ。。。あの時一度過去を振り返り、保存して放置していたんですが、やっぱりもういいかなと思い、消すことにしました。

mixi退会方法はこちら。)

スポンサーリンク

「過去」からの問いかけ

mixilogo

mixiを消す前に、なぜか、私はわざわざ日記を一つ一つ見て消して行きました。笑

その作業は、結果的に過去の自分との対話をすることに。

ちょうど10年くらい前、色々あって病んでいて、自信もない、不満はMAX、ああだったらいいのに、こうだったらいいのに、ああしたいこうしたいという欲求不満モリモリの時期。

mixiでは、ほんましょーもない日記やバトン(交換日記みたいなやつ。。。)でも、かまってくれるマイミクさんに癒され、もっと言うと、某カウンセラーさんにもんのすごい依存しており(汗)、めちゃめちゃカウンセリング受けていた形跡をメッセージで発見。

周りから見たらわからないように振舞っていたけれど、本当にうまくいかなくて、自分が嫌いで(でも彼氏はいた 笑)死にたい願望すごかったんですよね〜〜

それを察知してくれていたのか、細かくかまってくれて、なんかほんとにほんとに感謝してもしきれない、大感謝だなぁって思いました。カウンセラーさんがいなかったら、ここまでメンタル復活してなかったと思う。。。。。

ってことを、最近まで忘れていたんですね。

こわ。笑

そのあと、変な霊能者に洗脳されかけて振り回されてる形跡もありまして。

こわ。笑笑

なのでね、こうやって日記に記しているのでございます。

戒めとして。笑

とにかく、mixiではみんなかまってくれて癒されてました。

感謝です。

過去の自分の日記で見えた三つのポイント

KZ1796055_TP_V4

自分自身のことで言えば、過去の自分との対話で三つポイントがありました。

一つは自己承認ポイント。

いまの自分は、当時理想として描いていた人物像の60%くらいはできる人間になっており、ある意味望みは聞いて叶えてあげてたんだな、と思うことができたこと。

自分軸ぐ〜らぐらで、ほんとにヤバくて辛かった時期からみたら、まぁなんと落ち着いて自分を受け止められるようになってきたことか。

素晴らしい。うむ。(直虎)

あとは何だかんだいって「私は愛されてたんだね」ってこと。

そして形はどうであれ、皆、私に愛されたかったんだね、という。うふ。

どんな奴でも「可愛い奴め」と思えるのは、最高の「許し」が発動している。

二つ目は、当時持っていた「好きだ!」っていう気持ちと変わらない「好きだ!」を確認したこと。

こんだけ飽きっぽいのに、月日が経っていても、彼氏が変わっても、お金があってもなくても、忙しくても、忘れようとしても、病める時も健やかなるときも!!!(この際、牧師を呼べ)好きなものって好きなんだな〜ってこと。

好きだってことに理由をつけようとしていたというか。

ほんとは好きなんだけど、告白せずに思い出に押し込めた、みたいな。「やるならば、それで食えないとダメなんだ憲法」を自分で定めてしまったというか(憲法改正!)。

実際これに関しては夏から少しずつ動き始めているので、三年くらいは芽がでるのに時間かかることを前提にコツコツやっていくつもり(やっとこういう考えができるようになったのも成長の証だ)。

三つ目は、置き忘れてそのままだった宿題を見つけてしまったこと 笑笑

磨いてる途中で、放置されたダイアモンド(座布団一枚!)。

いつかやらなきゃと思いながらも、もうここまできたら、やるってことを一度手放してみよう。。。って思ったこともあったんだけれど

捨てようとすると、現象が起こり、働きかけてくる。 これを越えないと、先の宝箱のルートにいけません、って言われてる気がしてならず。

という三つのポイントでした。

hedgehogIMGL8711_TP_V4

こう思えるようになったのは最近ですけど、自分の日記って、名作の物語や小説を超えて、世界一面白い読み物なんじゃないかと思うのです。

本当に、良きも悪きも、良きも悪きも(二度言う!)、

さまざまなご縁があり、学びがありました。

今までmixiで出会ってくれた皆さま、ありがとうございました。

今月は、個人的には次の新しいサイクルに移行するに向け「どれだけ執着を手放せるか」がテーマになっているようなので

引き続き、感謝を持って手放し、整理整頓して行こうと思いま〜す。

大掃除はすでに終わったけど、早めにしておくと気が楽だね♡

Have a good day !

Nozomi.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする