ふんどしパンツ祭り「おまたフェスティバル@W cafe」へ行ってきました

スポンサーリンク

2月10日、11日に原宿Wcafeにて行われた「おまたフェスティバル」へ行ってきました。

スポンサーリンク

可愛いふんどしパンツが勢ぞろい

「おまたフェスティバル」は齋藤麻生さん主催の第一回目のイベントなのだそう。

おまたフェスティバル

会場は、原宿Wcafeにて。アットホームなおしゃれカフェの雰囲気。

wcafe

おまたフェスティバル

ふんどしパンツをはじめ、様々なツールなどのショップが並び、よもぎ蒸しなどのボディケア体験やトークライブも開催されていた様子。

おまたフェスティバル ふんどしパンツ

おまたフェスティバル ふんどしパンツ

おまたフェスティバル

おまたフェスティバル

おまたフェスティバル ふんどしパンツ

おまたフェスティバル

おまたフェスティバル ふんどしパンツ 姫パン

おまたフェスティバル

外にハンモックがあったり、お子様連れも楽しめていたようです。

「姫パン」は委託販売にて参加

「姫パン」は、事務局ハルちゃんが委託販売で参加となりました。イベント2日目に、ハルちゃんが現場入り。

おまたフェスティバル ふんどしパンツ 姫パン

姫パンに限らず委託販売のブースには、自分が知っている作家さんやメーカーさんの商品が並んでいたので区別ができましたが、正直なところ、ちょっとわかりにくい展示かもしれません。

2つの作家さんが入り混じって展示されているところもあり、少し雑な感じが。各ブランドや作家ごとに、共通のブランドネームのミニ看板を展示するなど工夫をしていたら、もうちょっと売上につながっていたんじゃないでしょうか。

また、売り子さんがいるショップさんが委託を受注するのも一つアイデアとしていいのではとも思いました。やはり人に聞きながら買う、交流を楽しみながら買いたい、という方は思っている以上に多いのだと感じます。

個人的メインイベント

ハルちゃんにご対面

ふんどしパンツ 姫パン事務局ハルちゃん

今回は、姫パン事務局のハルちゃん夫婦に約1年ぶりに会うのが一つのメインイベントでした。旦那様のあきさん、超イクメン。さすがハルちゃんのパートナーって感じ。「結婚」に対する価値観はいい意味で影響を受けそう。

ハルちゃんとは今まで姫パン事務局をやってきて感じることや、今後のことや、LINEで話しきれないことなど、結局新幹線の改札窓口までついていって(笑)、なんだかんだギリギリまでずっと話しこんでおりました。

ちかこさんとお久しぶりトーク

おまたフェスティバル ふんどしパンツ

出典:https://ameblo.jp/daisylo777/entry-12352075360.html

可愛いふんどしパンツの作家さんの一人、デイジーデイジーのちかこさんと、以前のランチ会ぶりにお会いしました。まとめ記事にも書いていますが、彼女のふんぱんのデザインと色合わせは本当に素敵。

今までのデザインは一旦生産中止されるということで、ボーイレングスの新しい形のお披露目と試着体験コーナーがありました。

おまたフェスティバル ふんどしパンツ

今までタイミングを逃して買えていなかった私は2つほど購入させて頂きました。ちかこさんとはまたゆっくりお茶することに。

みょんさんの個性が光っていた件

姫パン認定ショップ「満月堂」主宰のきんみょんすぎさんに初めてお会いしました。ブログで拝見するイメージとお話した感じのイメージにいい意味でギャップがあって萌えたと言いますか、色気と可愛らしさの黄金比な雰囲気、かなり素敵でした。

結構突っ込んだお話もさらっと受け答えしてくださったり、いろいろとお話伺ってとても勉強になりました(お邪魔しました)。

おまたフェスティバル ふんどしパンツ

出典:https://ameblo.jp/daisylo777/entry-12352075360.html

最後に

今回のイベントは、いろいろ考えさせられることもあり、勉強になった2日間でした。お会いできたみなさま、お話して下さったみなさま、本当にありがとうございました。

ビジネスとして拡大しようと考えると、いろんな方法が頭に浮かぶのですが、ハンドメイドならではの暖かさを丁寧に大切にしていくこと、それを忘れないことも必要なのかもしれないと思いました。

あとは一部で問題(?)になっている特定の思想との兼ね合いをどうしていくべきなのかは悩みどころです。

それにしても、久しぶりの原宿の竹下通りは、とにかくすんごい人でした。もはや道全体が満員電車。なんで原宿にしたんだろう。表参道とか恵比寿とかもう少し落ち着いた場所にしたら良かったのに。この混み方、親子連れにはキツイと思いました。。。

原宿 人混み

Nozomi.