イケメン要素満載「砂漠でサーモン・フィッシング」【映画】

スポンサーリンク

個人的に最近悩んでいたこと「自分の好み(タイプの男性)がわからない悩み」から、あぶり出されたタイプ候補(?)の男性像を追う旅がゆるりと始まりました。笑

自分の中の「何か」を探すのが最優先事項、とはいえ、映画はなるべく直感で選びたいところ。本題の「砂漠でサーモン・フィッシング」がイケメン要素大爆発で良かったのでメモ!(2回観た)

スポンサーリンク

「砂漠でサーモンフィッシング」あらすじ

salmon-fishing-in-the-yemen-movie_06

原題は「Salmon Fishing in the Yemen」。

2012年12月8日公開の映画です。

あらすじ。

 
 英国の水産学者ジョーンズ博士のもとに、砂漠の国イエメンに川をつくって鮭釣りができるようにしてほしいという依頼が舞い込む。依頼主はシャイフというイエメンの大富豪。しかしあまりにも荒唐無稽な話に、ジョーンズは仲介者である投資コンサルタントのハリエットへ“実現は不可能”とつれない返事。ところが、中東との関係改善に頭を悩ませていた英国政府がこの話に飛びつき、首相肝いりの支援事業にしてしまう。結果的に無理難題を押しつけられたジョーンズは、渋々ながらもハリエットと協力してプロジェクトを進めていくことになるのだが…。

退屈な毎日を送る冴えない水産学者が、イエメンの砂漠で鮭釣りがしたいという大富豪の夢物語に巻き込まれたことで、思いがけず人生に輝きを取り戻していく姿を描いた感動のヒューマン・コメディ。

英国のベストセラー『イエメンで鮭釣りを』を基に、奇想天外なプロジェクトの行方を、彼を取り巻く恋と友情の人間模様に政治風刺を織り込みつつユーモア溢れるタッチで綴る。主演は「ムーラン・ルージュ」「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、共演にエミリー・ブラント、クリスティン・スコット・トーマス、アムール・ワケド。監督は「ギルバート・グレイプ」「サイダーハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム。 

引用:http://www.allcinema.net/

あっ、まるっと引用しちゃった。。。

水産学者、日本で言えば「さかなクン」みたいな人だね。

ギョギョギョ

登場人物の男が何かとイケメン

超主観ですが、この物語に出てくる登場人物がイケメン要素山盛りでした。

フレッド(=ジョーンズ博士)(ユアン・マクレガー)

salmon-fishing-in-the-yemen-movie_03

 

  • 一途、素直、無邪気(犬系w)
  • レディーファースト(英国紳士)
  • 優しい(女性に寄り添う姿勢)

 (オタクでマザコンぽいところは置いておく)

 

ロバート(トム・マイソン)

salmon-fishing-in-the-yemen-movie_08

  • 男らしい
  • 正直
  • 女性のペースを大事にする

 

 

シャイフ(アムール・ワケド)

salmon-fishing-in-the-yemen-movie_04

  • 富豪(城をもっているw)
  • 挑戦したいことに投資を惜しまない
  • 懐の深さ、余裕
  • 女性を理解している、大事にしている(一夫多妻のせいか)
  • 勘が鋭い
  • 紳士
  • 敬意がある
  • 真理をくみとる感性、センス(信仰により偏りすぎていないと信じたい)
  • 恩を大事にする
  • 人生、起こる出来事から学ぶ視点

 

 

 

 

好みも多いに影響しますが、人間性はシャイフがダントツかと・・・笑

(日本語だとなぜ「フ」になるのかわからない。英語だとsheik=シェイ「ク」って感じなのだけど)

  

 

宗教に属しているという点は置いておいて、物事から学ぶ感性や、発言や心遣いが成熟してるし、いちいちイケメンすぎる。あんな人と一緒にいてキュンとしない女性はいるのか?!っていうくらいの素敵さでした。。。

  

 

ヒロインの姿勢が予習、復習要素あり

 

ドラマなので、細かいところは置いていて、ヒロイン、ハリエットの

 

salmon-fishing-in-the-yemen-movie_02

 

  • 自分の本音、自分のペースを大事にしている
  • 弱みを見せる
  • 自分に正直でいる

 

  

そういう「女として無理のない姿勢」は、長女気質な女にとって、予習と復習要素が満載ですよ。笑

 

今回の物語に大きな影響を与えているこの人のキャラ、最高。

 

salmon-fishing-in-the-yemen-movie_01

 

 

 

この映画からのメッセージ

 

salmon-fishing-in-the-yemen-movie_07

 

 

例えば、「人間が火星に移住すること」のように理論的には可能だとしても、実際には「馬鹿げてる」「できっこない」と思われていること。人間が描く「夢」の中には、一見かんたんには実現不可能なことも含まれる。

 

 

だれから見て不可能か、可能か、ということではなく、誰かにとっては馬鹿げていることでも、自分が実現してみたい、やってみたいという気持ちがあるなら、挑戦してみること。

 

 

すべては信じることから始まる。条件が揃っていても、理論的には可能だと思われても、進んでいく中で、時に予測不可能な障害や出来事が生まれることもある。

 

 

すべてを失い、わからなくなっても

「時がくればわかる」

 信じて進みつづけること。

 

自分にとっての純粋な「正しい道」を進むならば

導きやサインによってしかるべき方向に導かれる。

 

  

最後に

イケメンの定義。

人によって違うけど、自分にとってのイケメンの要素、そして人生の奇跡を再確認するような映画でした。

Nozomi.

All images (C) 2011 Yemen Distributions Ltd., BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.