sweet占いBOOK2018下半期出てます!#マドモアゼル愛先生

スポンサーリンク

sweet占いBOOK2018下半期、出ていました!先日お会いしたマドモアゼル愛先生が監修しているページがありましたので即購入(「下半期」は7月からです)。個人的なポイントですが、少しご紹介しますね。

sweet占いBOOK2018下半期

スポンサーリンク

ジーニー先生

「助けてエンジェル」のジーニー先生。

sweet占いBOOK2018下半期

2番目の振り返りのところで思わず笑ってしまいました。

これに関して自分にとっては、ポジティブな結果につながったと思っています。実は去年の秋頃から悩みの種でもあったので、無駄にエネルギーを使わなくなってよくなったことで、体も心も軽くなって本当に快適です。事務的には、きっちり終わらせて欲しいなぁと思う部分もありますが、時が解決するでしょう。

IMG_5817

安定の可愛いイラスト。

IMG_5818

私の場合、西洋占星術では太陽:乙女座で、月:水瓶座、インド占星術では太陽:獅子座、月:山羊座なので、一応該当の星座もさらっと目を通しています。

いいところ見つけますBOOK

いろんな占いがぎゅっと詰まった付録的なページがあります。

sweet占いBOOK2018下半期

曜日占いや

IMG_5827

生まれ日占い

IMG_5832

恋愛に特化した占いなどもありました。

マドモアゼル愛先生

マドモアゼル愛先生の7年後の未来、というテーマの占いページは4ページに渡って掲載されていました。

sweet占いBOOK2018下半期

(ハンチング似合う^^)

時期的な変化についても書かれています。

sweet占いBOOK2018下半期 マドモアゼル愛先生

図の「アルティメット・ホロスコープ」で生まれた日付で該当するゾーンの内容を参考にする、というもので、私は「アッセライゾーン」でした。

IMG_5835

運気は決してアゲアゲではなく、むしろ落ち着く傾向(上がる前の凹み)らしく。。。

  • 「試練を乗り越え成長する」
  • 静かに自分を鍛える期間
  • うまくいかないこと、理解されないことが多くても幸せになりたいなら決して諦めないこと
  • 根気よく取り込み壁を乗り越え成果を出す
  • 才能の有無にとらわれず持てる全てを出し切る
  • 全力を出すことで不可能を可能にすることで幸せをつかむ

と土星山羊座的な感じでございますね(涙)

これができると7年後には一回り成長できるってことなので心して行こうと思います。。。

写真はありませんが、前項の恋愛に特化した占いのページで「恋に関しては2〜3年後にチャンスがやってくる、それまでは友達止まりで発展せず」と書かれておりました。。

数秘もありました。マスターナンバーなし。監修はLUAさん。

IMG_5837

数秘5にとって、2の年である今年は「これまでの頑張りの成果を得る年」「いろいろなことがうまくいってるからと手を広げず、現在進行形のものに専念せよ」ということでした。数秘においてLP5の方は、パーソナルイヤーナンバー7ということです。「伸びしろをどんどん伸ばす」とありますが、「今向き合っているテーマを深堀せよ」と捉えることもできます。現実的な成果という意味では来年結果がでる方もいるでしょう。レッツ5,5,5(GO)!ですね!

鏡リュウジ先生

ラストは大御所、鏡リュウジ先生の占星術コンテンツ。

sweet占いBOOK2018下半期

太陽同士のアスペクトから相性を見る、というもの。

sweet占いBOOK2018下半期

こういうエンタメ的なコンテンツも面白いのですが、細かく見ていくと自分のホロスコープとトランジットの関係とかってまた少し違ってくるんですよね。知りたい病で、時々ムズムズします。笑

ちょっと気になった点いくつか

今回は少々気になる点がいくつかありました。

一つ目はある術のやり方が掲載されていたこと。これ一般人が手だして本当に大丈夫なレベルのものなのでしょうか。

護符や術系は素人が安易に手を出すものじゃないのではと思う派です。というのも、かなり昔に、それ系の方に教えられたまま行ったことが、現実的にはよくない結果を呼んでしまっていたということがあるからなのです。。。その時はたまたま対処できる方がいたので、綺麗に問題解決しましたが「儀式的なものには安易に手を出すべきではないし、注意しなければならない」とこっぴどく叱られたのを覚えています。。

そして、二つ目はある「神」に来てもらう護符。扱う人間のレベルによっては取り扱いに注意アイテムかなと思いました。この世では、神と名乗る存在の全てが、人間が理想とするような存在ではないし、「良心」を持って動いているわけではないし、人間側が予想しなかった対価を求められるようなこともあります。

普通の霊感レベルで何か起きても対処もできないレベルの人間が、見えない世界の何かと「契約」してしまってからでは手遅れになる場合があるのです。「◯◯◯使い」などのブームもありましたが、「使ってる」んじゃなくて都合よく使われてる人もたくさんいるでしょうし。特に最近、私自身は「現実的に地に足がついていないのにむやみやたらに神云々を説く方々」とは距離を置いています。。。(興味がある方は「神 眷属」あたりで検索してみてください)

もちろん、超さとり系(生まれた時から目覚めてるなど)の方、また、代々商売をしてきた家系や伝統のある家系などの場合は、神々との関係も一般的ではないので今回の話題には当てはまりません。その辺は誤解なきよう。。。

3つ目は、アメブロ界隈でもてはやされているけれど、一部では物議を醸している方々が何人か監修、寄稿されていらっしゃいましたが「玉石混合」だなと思いました。読む方も賢く判断する力は必要

このあたりは完全に個人の見解です。地に足がつきつつ、見えない世界のまっとうな知識を教えてくれる人って、まだ少ないと思いますから、経験を通して物事を見極める目を磨くことは続けて行きたいです。

以上、

下半期を「カハンキ」と読んで家族に突っ込まれたNozomiがお送りしました。。。

余談:先日ブログの引越しをしたんですが、綺麗に消えてる記事がいくつかあり、それが自動断捨離というか。。。狙ってるのかっていう感じでして。不思議なこともあるものです。。。

Nozomi.