元MINX下北沢店長の小野さんがオーナー「Lin’ne(リンネ)」がオープン!

スポンサーリンク




もう10年以上お付き合いさせていただいている、美容師の小野さん。この度、めでたく独立され、ご自身のお店を下北沢にオープン!先日、プレオープンということで、早速行ってきました♪

スポンサーリンク

久しぶりにかなりカットしてきました

去年いろいろあったんですけれど、そういえば髪型変えたりしてなかったな〜と思ったのもあり、なんとなくちょっと軽くしたいなと思い、15cm前後カット、全体的にすいてもらって軽くしました。

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_08

▲ いつもゴールドのメッシュのところに初赤系カラー入りました。毛先がほんのり紫。

「女性は失恋すると髪の毛切る」っていう神話みたいなのがありますけれど、大幅に髪型変えようとするときって「決意表明」みたいなところもあるかもしれません。その決意は、きっと人によってそれぞれ違うけど。

わたしは、去年の終わりからセルフセラピーを学んでいる中でのテーマ「あと2皮剥ける」ってこと。

先生に「あと何回かの受講で強烈なエゴが発動する」って言われた時期と、占星術で「骨格矯正的な時期(乗り越える時期)」って言われた時期がかぶってて、正直ちょっと怖い。でも、決めたからやるしかない。笑

ロゴデザイン担当しました

実は、今回、ロゴデザインさせていただきました。

linne_logo_500

Lin’neはリンネと読みます。

「輪廻」のイメージから「これから携わるお客様や仲間と一生を共にしていきたい」という思いで名付けられたそうです。

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_02

▲ 入り口の看板。かっこいい。

美容院って、月に数回行く人もいるみたいですが、1ヶ月に1度、または数ヶ月に1度は行く人がほとんどかと。大きな引っ越しなどをしなければ、本当に一生付き合っていく可能性もあるんですよね。

こうやって実際に、長いお付き合いのある方の新しい門出に協力することができて、ありがたいなぁと思いました。でも、何度みても「自分がやった」みたいな気持ちにならない不思議。

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_05

▲ 店内には立体的なロゴが

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_04

何はともあれ、小野さんが喜んでいたからOK牧場(笑)

「ロゴが形になったとき、スタッフみんなのスイッチが入った」って言っていて。

デザインて「クライアントのイメージの層にあるエネルギーを、しかるべき形にしてこの世に具現化する」ことなんだよね。

小野さんのココがすごい!

rasysa_img_main

出展:http://www.rasysa.com/special/201502001/talk/minx05.html

小野さんは大手美容院のMINX、下北沢店の店長さんでした(MINX下北沢店は2016年12月30日にクローズ)。約1000人近くのお客様がいらっしゃるそうで、年末は特にお店が忙しくて・・・下北沢店に押しかけるお客様のほとんどが小野さんのお客様だったんじゃないかなと思うほど。

福島出身の小野さんですが、中学とかそれくらいから周りの人の髪を切っていたそうです。

小野さんの技術のすごいところは、伸びてきたときにわかる「心遣い」。専門的な技術のことは一切わからないけれど、伸びてきたときも「保たれている」感がわかる。

何年も髪の毛の癖とか天パな箇所とかわかってもらっているからなのかもと思ったんだけど、ちょっと調べてみたらご本人も意識しているらしい。

数ヶ月が経っても安心してキープできるスタイルを

今年でMINXは30周年をそして私は美容師として18年目を迎えます。そんな私が今心がけているのは、数週間あるいは数ヶ月が経ってもお客様が安心してそのスタイルをキープできるようなご提案をすることです。パーマやカラーだけでなく、大切なカットにもこだわりを持ってデザインが持続できるような技術を提供したいです。そして、お客様がおうちに帰ってからのことを一番大事に考えてこれからもいいデザインをご提案していきます。

引用:Rasysa 特集

あと、人柄で言えば「全部ひっくるめて人生を楽しんでいる」姿勢が好き。他人からみたらある種、ややこしい案件(例えば、結婚とか離婚とか人間関係などいろいろ)も人生の醍醐味だよね〜って感じの達観してるところとか。笑

いい意味で、軽い。そして面白いし。でも仕事のことは、考えてなさそうで、めちゃめちゃ考えている。というか経験を通して日々謙虚にまっすぐに、学んでいる。

「成功はコツコツ継続することの先にある」とわかっている数秘22。

(なんだ数秘22か・・・「何やっても成功するって言われる」そりゃそうだ、今更、納得。でも学ぶ謙虚さのある数秘4や数秘22が故だよね)

MINXの時の、お客様や周りのスタッフからの愛され具合もすごかったと思います。要するに、さわやかな愛されキャラってことです(ざっくりまとめた)。

そんな小野さんがいる「Lin’ne(リンネ)」は15日からグランドオープンです。

間違いなく下北沢一番のおすすめ美容室になることでしょう!!

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_01

▲ かわいかったから撮ってきた

行き方に迷った時はこちら

linne_access_06

そういえば、お店に行く時、場所を聞いていなくて電話して聞いたんだけども。受付をしていたお姉さんは、メイクも施術もするスーパーウーマンだけれど、なにかと行き方の問い合わせの電話が多くて大変そうだなぁと見ていて思いました。

現在ウェブサイトは準備中ということで、急遽アメブロでウェブサイト代わりのブログを作成、そこへアクセスマップを載せてみましたよ。

linne_header_image

▶︎ Lin’ne(リンネ)〜 下北沢北口徒歩2分 アットホームな美容院・美容室 (ameblo)

行き方はFacebookのページにもあるんですが、自分が迷ったところを追加して掲載しておきました。

《追記》ウェブサイトができました♡

linne_website_cap_image

 ▶︎  Lin’ne(リンネ)@下北沢

「働く」ということ

なんか、適当にブログ作っておきました♪とか言ってるけど、頭では最初「これ、完全に余計なおせっかいかも・・・」って思うんです。でも「見えない力がそうさせる」とはまさにこのことかもしれず。

この間、ある個人セッションのモニターで扱ったテーマ「働く」という言葉に対して、わたし自身も含め日本人の集合意識が持っている概念に向き合ったんだけれど。

愛のない仕事、本当の自分を殺して本心に逆らってお金のためだけに働くことは悪である、と認識しながら(思いこみながら?)も、「自分を曲げてそこに合わせないと生きていけない」と固く信じていた「意識」。

今、そこから個々に解放されて新しい「働き方」を体現しようとしている人が増えてきて、自分自身もその中の一人なんだと思う。

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_06

姫パン&姫ブラのウェブサイトの時もそうだったんだけれど(こちらは当初完全にボランティアみたいな状態だったので、頭が優勢な当時の自分はかなりためらった)

「なんかようわからんけど、やらなあかん感じがする」っていうのは、やったほうがいい。常識的にどうとか頭でどうとか思っても。不安なら、不安を抱えててもいいから。

そこに、すぐに目に見える対価があるか、ないか、ではなくて、やりたいのか、やりたくないのか、すらも超えて「だた、見えないものの指令に従う」って感じだったり・・・それが、感覚的にやっと分かるようになってきたかもしれない。

そういう状態の時は名付けて「宇宙のマリオネット」

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_07

超感覚的・・・伝わるかわからんけど!

私自身はまだ時々、揺れながら、戸惑いながら進んでいます。

関東の皆さん、そして関東によく来る皆さん。

下北沢でおすすめの美容院探しているあなた。

小野さんのお店、ぜひ行ってみてね。

 

Nozomi.Sさん(@nozomiam)が投稿した写真

linne_shimokitazawa_hairsalon_logodesign_03

▲ 雑誌がタブレット端末になっていた。これはすごいね(楽天マガジン

Nozomi.