大江千里一覧

「ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス」大江千里著【感想】

前作に心が震えた私は、次作である「ブルックリンでジャズを耕す」を拝読。前作と比べて、ある程度の出来上がった感と安心感があり、エキサイティングな場面は少なめ。それでも、詩の才能あふれる言葉たちは、想像力と暖かみ、希望を与えてくれる。