日記

親知らずの抜歯。痛すぎて拷問かと思いました

スポンサーリンク

月曜日に親知らずを抜いたので「歯茎の痛みで目覚める」ストレスフルな日々を過ごしています。普段避けてる科学的物質=薬を毎日摂取しているのと、目覚めも悪ければ、腸内環境も悪く、むくみ倍増。久しぶりに足がパンパンに。

今時期、恋愛運は確実に下がってる気がする。確実に仕事運は上がってるけど。という気分なので、独り言的記事になります。

ノリですっぽり抜けるかと思いきや「エスカレーション」的案件へ発展

先日、親知らずをノリで抜くことになりました。親知らずに半分かぶっている歯肉に傷がついて、腫れて「歯茎に心臓ってあったっけ」ってレベルでズキズキ傷んで眠れなかったので、一発消毒してもらおうと予約なしで駆け込み。

 

ここ数年通っている歯科で、すでにレントゲンのデータもあるので「サクッと抜いちゃおうか?これまた同じことあると面倒でしょ」ってことで抜歯することに。

 

いや、先生、抜きたいだけだよね?

 

なぜ、歯医者は「とりあえずやってみよう!体育会系」のタイプが多いんだろ。

 

dentist-1639683_640

ま、次の予定までは1時間以上あるし、大丈夫かなと思って承諾。

 

しかし、あろうことか麻酔してるのに、とてつもない痛みがあり、いざ抜きますよ!っていう時に大泣き。涙がボロボロ溢れる。CT取ると(失敗ありで3回被爆)「下部分が神経に触れてるか、近くて引っ張られて痛いのかも」という。

 

今思えば、最初から周辺の歯茎が腫れていて炎症が起きているので、麻酔が効きづらかったのも理由の一つかもしれない。神経に麻酔をするのが技術的に高度なのか、私は素人なのでわからないけれど、途中で施術を止めることもできないらしい。

 

「紹介状書くから、今から総合病院行ってくれる?」

 

と施術代を無料にしてくれて、次の病院でかかりそうな施術代をくれた。この先生、なぜか最初からキャバの良客みたいな雰囲気で接してくれるんだけど、お金払ってくれるなんて。

 

前世で良客だったのかしら(笑)

 

「足りなかったらまた言って!本当ごめんね」

※「エスカレーション」はコルセン用語。

神経に近い親知らずの抜歯は拷問

次の予定を遅らせてもらってから、総合病院へ向かう。だんだん麻酔が切れてきて痛みを感じるのと、すでに痛みに耐えて力んで泣いた後なので、気が抜けているというか周りに全く気を使えない状態だった。

 

常に斜め下を向いて歩いて、大きなため息をつきながら歩く、ひと昔前の漫画に出てくる職を失った暗いおじさんみたいになっていた

 

総合病院はかなり大きな病院で、半分以上が高齢者。そして精算やいろんなものが機械で管理されている。血圧を下げる薬、血流をよくする薬。。。。薬を大量にもらっている人を見ると、病院は世界的に儲かっている商売の一つだと確信する。

 

zahnreinigung-1514693_640

受付をしてから少し待って、レントゲンを撮った後、結局抜歯することになる。また力むのか。すでに痛いから早く麻酔を打って欲しいと思うあたり、痛みによって何かがおかしくなっている。

 

しかしやはり「引っこぬく」タイミングがめちゃくちゃ痛い

 

「痛い〜〜〜!(「い」に濁点つけてる感じで)」とまた目から大量の滝を流して大泣きしていると

 

「麻酔効いているから痛くないはずなんですよ〜〜〜〜?音が怖いだけじゃないですかね〜〜?」

 

とちょっと嘘くさい高いテンションで言いながら、歯茎の神経部分に向けて麻酔を追加していた。

 

私は腹が立った。

なにその言い方。

 

こうやって子供は歯医者を嫌いになっていくんだなと勝手に思いながら、痛みに耐えつつ、自分を慰めた。私は今まで生きてきて虫歯がなく、2年前に軽い虫歯になったくらいなので、もちろん削る音には慣れてない。

 

削ったり砕くのは痛くないから泣いてないだろ。痛いって言ってから麻酔追加してるじゃねーか。バーカバーカ!(注:痛みで錯乱しています)

 

ヤンジャンで連載中の「DINER」という漫画でカナコって子が「奥の歯茎に電流を通す拷問」で意識飛びかけてたけど、まさにそれの入門じゃないかと思った。

 

あのまま痛みを訴えずに我慢していたら確実に失神しそうなレベル。まぁ、自分自身が感覚に敏感な体質っていうのは一つあると思います。

 

 

歯医者の先生へ。綺麗に抜歯できなくていいんで、痛みが少ない方でお願いします

なんやかんや大変でしたが、無事に抜歯完了。

お疲れ様です。

 

しかし、結局砕いて抜いたみたいですが「最初から細かく砕いてくれた方が痛み少ないんじゃないの?最初から丸ごと抜こうとするのも体育会系の発想じゃないのか?」と思った。

 

数年前に反対側の親知らずを抜いた歯医者は、90度曲がって生えていたのもあり「難産でしたねぇ」と軽くドヤ顔で真っ二つにカットされた抜歯した歯を見せてきた。

 

私は顎関節症になったことがあり、顎が弱いから、ごりゴリ押ししてくるのがすごく嫌で無意識に唸っていたらしく

 

「痛くないのに唸らないでください!!!!!」って怒られた。

いや、顎、気使ってって説明したじゃん。

ホントに嫌い。(→笑)

 

歯医者の先生方。

出産じゃないんだから、抜けた歯なんてボロクソ汚くなっていいから、痛みが少ない方にしてよ。頼みます。

もう最後の親知らずだから二度とやらないけど。

 

結局この日は3回以上大泣きしたのもあり、よくわからないデトックス感満載で次の予定に向かいました。

 

 

来週半ばに抜糸です。

まじ痛かった。。。。

 

 

Nozomi.

 

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です