【姫パン】ストレスフリーなふんどしパンツのひも作りにはコレ&ミシン目が落ちない秘訣

スポンサーリンク




姫パンこと、ふんどしパンツを手作りするにあたって、

ほぼ初心者だった自分が悩んだのは、ひも。

ウエストの、ひも部分。

布を裁断して、本体を縫うところまではよし。最初は、あとつけるツールみたいなの(名前がわからないんだけど)で跡をつけてから、アイロンかけながら調整してて。

himepan_by_nozomiam_20160926_23

正直それがとてつもなく面倒くさくて・・・ 笑

ひもがめんどくさくて、そのまま数日放置ってこともあったくらい。笑

それをこぼしたら、宮殿のお裁縫先輩でもある、

そらりんが教えてくれた画期的な方法があったのでシェアです!

スポンサーリンク

より簡単にふんどしパンツのひもを作る方法

結論から言うと「マイ・定規を作る」。

こんなかんじ。

himepan_by_nozomiam_20160926_10

100円ショップに売っている、メモリがついてる厚紙もあります(写真は無地タイプ)。

裁縫ツールで、「アイロン定規」がある人で、お裁縫や洋裁に慣れている人はこれを使うことも多いらしい。

使い方。

まず、つなぎ目をアイロンで割る。

himepan_by_nozomiam_20160926_08

真ん中にアタリをつける意味で、半分に折ってアイロンをかける。

himepan_by_nozomiam_20160926_09

「マイ・姫パンひもルーラー」

を4次元ポケットから取り出して設置(笑)

himepan_by_nozomiam_20160926_11

さっきつけた印を中心に置きながら、両側からアイロンをかけていく!

himepan_by_nozomiam_20160926_12

これを全体に繰り返して、ひもの形に仕上げながらアイロンをかける。himepan_by_nozomiam_20160926_13

以上。

この工程がかなり、ストレスフリーになってすっごい良かったのです!

幅はフリフリにしたい時は太めにするといいらしいので、デザインによって調整してください。

そらりん、ありがとう!!!

姫パンのひものミシン目が落ちる!?すべり防止の裏ワザにはこれ!

次に、話題となったのは、特にガーゼや滑りやすい生地で姫パンを作るとき、ひもと本体の縫い合わせの工程の際、ミシン目が落ちやすいこと。

これ!!

↓↓↓↓

himepan_by_nozomiam_20160926_24

「ミシン目が落ち」たので、手縫いで修正してます・・・

その滑らない秘訣は「紙を敷くといい」ということ。

これ、りんごさんのBlog ゆるぶら講座にも書いてあった。

りんごさんBlog ▶︎ ゆるぶら♡講座 

りんごさんは、どんな紙でもOK的な感じだったけど、なぜか私は、広告やクロッキー、新聞で試して全滅。。。

なんか、汚い・・・!!!笑

↓↓↓

himepan_by_nozomiam_20160926_19

てことで、そらりんも言ってた「クッキングシート」を使ってみたら、これが一番合っていました。

クッキングシートを下に敷いて、一緒に縫ったら

himepan_by_nozomiam_20160926_14

縫い目を中心にしっかり折り目をつけて

himepan_by_nozomiam_20160926_15

開いて・・・

himepan_by_nozomiam_20160926_16

中心に向かうような力加減でピリピリとっていきま〜す。

himepan_by_nozomiam_20160926_17

たまにこうやって引っかかったりするけど、広告とかよりは綺麗にとれる。

himepan_by_nozomiam_20160926_18

これって、ミシン目の大きさ?にもよるのかも。紙によって違うとか。。。

あと、ミシンのグレードにもよる説もでました。

業務用のいいミシンは9万円とか・・・押さえ歯の本数が違うとか・・・部品が良くなると値段があがるらしい。YOUTUBEとか見てても、明らかにプロ仕様のミシンって、スムーズですもんね。。。その辺は、おいおい追求していくとします 笑

こんな感じで、最初よりストレスフリーな姫パン作りが楽しめるようになりました!!!

参考になったら幸いです。

Nozomi.