ソーイング・ハンドメイド

【ふんどしパンツ】Tバック(紐タイプ)を作ってみた

姫パン ふんどしパンツ 手作り下着 tバック

スポンサーリンク

この間。いつものふんパン着用して、隣駅まで散歩に行きました。

そこそこ暑くて、その日は若干体にフィットするボトムス着てたんだけど、帰ってきたら、なんか、ウエストが、かゆい・・・。見てみたら、姫パンのひもの「クシュ」ってなってるところが、かぶれて真っ赤になっていました。肌が弱いんですよね〜〜〜。すごく。

ふんぱんで肌がかぶれる原因

 

考えられる原因として

  1. 水通ししていない布で作ってすぐ身につけたため、糊かなんかの影響
  2. 単純にクシュっとなっている部分が密着してたから
  3. 布の質の問題(シルクやダブルガーゼにするとか?)
  4. 夏だから

 

ってことだと思うのですが・・・

 

後日、洗濯済のコットン100%クシュっと紐のふんぱん履いてみたら、やっぱり少し痒かった。。。2が原因かもしれません。ダブルガーゼは未検証。さっき注文してみたので届いたら検証してみる予定です。

 

4は季節の問題・・・。

免疫が下がっているとかだけじゃなく、どうやら東洋医学的観点では初夏は「湿邪」にやられやすい人がいるらしく、その影響で体調も上下するとか(→してる人)。

  

自分の場合、普段から「肌が弱く傷跡が残りやすい」そして「自分の汗でかぶれる」ということを過去に何回か経験しているので、もしかしたらそれもあるかも、と。

 

たくさん汗をかかない涼しげな環境や、密着しないワンピースとかなら平気っぽい。

そうだ、紐のところ平らにしてみよう

夏はこれから。また痒くなるの、いやだけどふんどしパンツははきたい・・・

ってことで、クシュっとしない紐タイプで、Tバックタイプを試作してみました。

リボン一つつけただけのシンプルデザイン。

nozomiam_himepan_T_01 nozomiam_himepan_T_03

 

 

共布紐のサイズとか

 

幅は0.7mmで長さは120cmくらい。なかなかきれいにできました。

 

でも。やっぱりちょっと紐短かった。トイレの時、もうちょっと長さ欲しいなって思いました。

nozomiam_himepan_T_02

 

で。ミシン歴が短い自分は、やはりつまずいた・・・押さえが機能しなくて進まない! 

 

幅の狭いものを縫う時どうするのか」笑

 

Google先生にお願いして、見つけた方法はこれ。

同じ高さくらいの厚みにしたハギレを左側にかませて縫う!

nozomiam_himepan_T_06

 

できました〜〜!

ぺろっとめくるとこんな感じ。

 

nozomiam_himepan_T_07

 

 

紐通し部分について

 

紐通し部分は試作なので、ちょっと長めにとって、ロックミシンで処理、内側に折り込んだ形。

nozomiam_himepan_T_04

 

前で結ぶタイプのふんぱんって、紐口っていうのかな、それが前にあるから、折り返しを前面(外側)にしてるものが多いですよね。

 

今回は内側にして、特に不快感はなかったから、悪くはないだろうと思いますが。。。

うーん。見た目とフィット感を気にするなら、前面折り返しにしてレースつけるとかがいいのかなぁ。

nozomiam_himepan_T_05

 

要検証です。

姫パンTバックタイプの履き心地、やばいです

 

市販のTバックって食い込む感じがすごい不快だったのですが、

Tバックタイプ、イイです〜〜〜!  

 

軽くて、締め付けなくて、すごく履きやすい!これはハマりそう・・・ 

「紐タイプのふんぱんってめんどくさくない?」って言われましたが

 

 

うん・・・空気パンツで慣れて・・・る・・・

 

 

 

けど、ゴムのが楽ですね。笑

紐タイプのときは、アジャスター結び&スナップ系布ナプ(布ライナー)は必須です。

 

Tバックに合わせた布ナプキン作りたくなりますね!

***

【追記】型紙は、諸事情により、はごろもランジェリーのTバックに乗り換えました。

 

ついつい新しい布を買ってしまう

「散歩」のつもりだったのに・・・

最近手芸屋さんに行くのが楽しくて。知らないことがたくさんあるから、小さな手芸店でも「へーこんなのあるんだ」とか「これ、ここにあったんだ!」とか。小さな発見が楽しい。

そして、行くと必ず何か買ってしまう。笑

今回は紫のバラとイチゴの布。あと、真っ赤なパンツを自分でも作ってみたくて、むら染めの赤バージョン。

new_cloth_20160717

 

赤い布地は、届く予定の赤いダブルガーゼと一緒に、初の「水通し」をしてみる予定です!

 

 

 

 

手芸は「心を癒し、自尊心を高める」説

 

どこかで「女性が手芸に走る心理」がどうとか言ってるのを聞いたんだけど、手芸って「癒し」らしいです。

 

参考記事 ▶︎ 【男性にもおすすめ】手芸がもたらす5つの心理的・精神的メリット

 

「不安やストレスの軽減」「悲しみを忘れる手段」

 

ほうほう・・・たしかにー。

 

パッチワークが趣味の母の血が騒いでるだけなのかと思っていたけど、手芸自体にセルフセラピーの効果があるんですね。個人的には、このタイミングで、裁縫に目覚めるっていうのはすごく興味深いです。

 

ふんどしパンツ はごろもショーツ
新★ふんどしパンツ型紙「はごろもショーツ(桜)」制作レポ。#下着は自分で作る時代新しいふんどしパンツの型紙「はごろもショーツ(桜)」が発売になったということで、早速作ってみました。姫パンとの比較、初心者がつまづきやすいふんどしパンツの紐の作り方などにも触れています。...

 

Nozomi.

 

 

 

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です