【映画】賛否両論映画「未来のミライ」細田守監督【感想】

スポンサーリンク

サマーウォーズの細田守監督の新作「未来のミライ」。何も知らずに行ったのですが、一緒に行った友達が「あまり評判よくないっぽいんだよね」と一言。賛否両論のようです。

スポンサーリンク

映画「未来のミライ」の感想

個人の感想です。

良かった点

photo :http://nlab.itmedia.co.jp/

  • 東京駅のデザインは圧巻
  • 長女長男にはセラピー的要素あり
  • 音楽:高木正勝氏 、挿入歌:山下達郎氏、いい。
  • ひいじいじのイケメンボーナスステージ

微妙な点

  • 主人公の年齢と声のミスマッチ
  • 前半の若干のもたつき感
  • 兄妹の絆の重要性の描写が薄め

各ポイントについてつらつら書きます。

まず第一に引っかかるのは、くんちゃん(主人公)が4歳にもかかわらず「大人の女性」の声であることが、ものすごい違和感を生んでしまった。声優さんがダメなわけじゃないのです。年齢と合っていないんです。そこに引っ張られるかのように、物語の前半にもたつき感が出てしまっていた。もったいない。。。

あとは、兄妹の絆の重要性をもう少し掘り下げてくれてもよかったというか。。。ここはかなり主観入ってます。

確かに心理的には、下の子ができた時や下の子を優先された(と感じる時)自分は見放されたと感じたり、自分は愛されていないと思い込み、そこから自己否定が始まる傾向って、長男長女あるあるです。

そして、弟や妹に嫉妬はするけど、矛先はだいたい母親なので、妹をタイトルに持ってくるほどの関連性がすんなり繋がらない感。

セラピーなどで掘り下げて行くとこの映画で描写されていた場面に似たシチュエーションを追体験することがあります。くんちゃんの気持ちがわかりすぎて、しょっちゅう一緒に泣く。。。。そういう意味で、くんちゃんの気持ちに感情移入してセラピー要素発動する人もいそうだなぁと思いました(離脱せず最後まで観れていればですが)。

女子のボーナスステージかと思われるシーンがあります。途中に出てくる「ひいじいじ」がいい男すぎて、なんだこのイケメンは!と思っていたら声は福山雅治さんでした。イケメンは声もイケメンなんですね(今更)。

photo:https://www.walkerplus.com/

東京駅のデザインはプロが関わっているそうですが、視聴者が期待している、細田監督の世界観ってこの路線なのかなと思ったりします。サマーウォーズの仮想世界OZワールド的世界 x 古き良き日本。これは勝手な個人の感覚です。

音楽はとても素敵でした。高木正勝さんと山下達郎さん。挿入歌の達郎先生「永遠のおしゃれ爽やか80s」な感じは実にいいですね。「新しいのに懐かしい感じ」。

評価が低め、酷評が多いと聞いた本作品。ググってみると酷評も多いですが、興味深いレビューもあるので興味がある方は他も読んでみてください。。。どこかに「今回はいつも一緒に作っている脚本家の方が参加していないことが作品として不安定な理由の一つなのではないか」というレビューがありました。着目点がみんな違って面白いです。

次回に期待!

Nozomi.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする