日記

ついに買い換えましたヨガマット。オススメの厚さは・・・

yoga_mat_201703_06

スポンサーリンク

最近ヨガ自体はやったりやらなかったり。時々ストレッチや筋トレをする時にも使っていたヨガマット。よく見てみたら、変色していたので買い換えることにしました!

 

yoga_mat_201703_01

ヨガマットの厚さの違い

 

yoga_mat_201703_03

ちょっと調べてみたところ、どうやらヨガのポーズによって厚さを変えたほうがいいらしい。倒立のポーズとかかな・・・(自分はそこまでできません)

 

初めて買った当時は、あまりよく考えずに買ったのですが、もともと使っていたのは3.5mm〜4mmくらいの厚さのマットでした。

 

yoga_mat_201703_02

 

今回買ったヨガマットは8mm。

分厚いので、ちょっと形状記憶する。

yoga_mat_201703_04 yoga_mat_201703_05

 

わぉ 笑

比べてみるとこんなに差があります!

 

yoga_mat_201703_06

なんで8mmにしたのか・・・

なんか使ってみたくて・・・ 笑

 

思った通り、ふわっとしてるし。

買ったのはコレです。

 

10mmや15mmもあるんですよ!

 

 

 

でも、8mm以上は自宅用ですね

丸めてみるとわかるんですけど、結構かさばる感じなのです。

あとは重さが全然違う。一人で持ち運ぶには軽いとは言えない・・・男手とか車とか欲しい感じ(笑)

 

 

 

 

薄めのヨガマットの利点は軽さだと思いました。

(話題になったこのヨガマット、輸入来ましたね〜〜〜 グラフィックが可愛い〜!)

 

 

 

ヨガスタジオでは6mmくらいが平均みたいです。

 

 

 

なんとなく、自分の中で古くなってしまったものを、一個ずつ入れ替えていく。

たとえそれがどんなに小さいものでも。

いまは、そういう時期みたい。

 

 

Nozomi.

 

お気に入りのヨガDVD。セクション2で精一杯なんですが。。。汗

 

 

 

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です