日記

親知らず抜歯後。抜糸しました!

スポンサーリンク

水曜日に、親知らずの抜歯後の抜糸へ行ってきました。「抜糸もめちゃくちゃ痛い場合がある」と友人に脅されて、若干力み気味に行きましたが。。。。

zahnreinigung-1514692_640

 

全く痛くなく一瞬で終了。

 

よかったぁぁぁぁ!

 

 

後日、痛みが増すようであれば「感染」しているかもしれないのでまた見せに来てください、とのこと。

 

 

抜歯担当した人と違う先生だったので、改めて質問してみたら、やはり

炎症が起きている箇所に麻酔は効き辛い

らしい。

 

 

親知らずに限らず、歯茎が炎症している場合は、炎症を抑えてから抜歯する方が無駄な痛みはないかもしれません。

 

 

が。。。こういうのって、もうタイミング。

 

 

私の場合は、左の奥歯なので、左半身=女性性に関する何か憑き物取れたかなくらいに思うことにしました。にしても、強制すぎてまじで痛かった〜〜〜。。。

 

 

食事の時、冷たいものや暑いものは時々しみることがあり、飲み物関係はぬるめにしたり、冷たいものは少量ずつ食べることにしている現状。

 

まだ歯茎に「穴ぼこ」が空いたままなので、なるべく右側のみで咀嚼しているはずなんですが、この間うがいしたら、ご飯粒が三粒も出てきました。

 

何そんなところに「格納」してんだ。。。w って思わずセルフツッコミ。

後は歯肉が埋まるのを待つだけです♩

 

 

Nozomi.

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です