グルメ・フード

甘くないひなあられはひなあられとは言えない。地方のひなあられ事情あれこれ

hail_chick_situation201703_07

スポンサーリンク

この間、ふとスーパーの近くを通って「ひなあられが食べたい」って思ったので、一つ買って帰ったのですが。甘くないひなあられにびっくり。なんじゃこりゃ?!

甘くない「ひなあられ」・・・??

あんぱんまんもあったんだけど中身似てたし

 

まともそうなデザインの裏に「マヨネーズ粉」っていう謎の表記があり、マヨネーズ嫌いなわたしは、はろうきてぃを選んだ。

hail_chick_situation201703_01

 

開けて食べてみてびっくりした。

あの〜〜・・・

hail_chick_situation201703_02

 

これ、ひなあられじゃない・・・

自分が思ってたのと違う・・・

 

 

大豆とか、大きいゴロゴロしたのとか入ってるのが

ひなあられじゃないの?

 

 

緑のなんて、しょっぱい上に、半分くらい緑だし。

カスカスしてて、味薄いし・・・

 

 

弟に話したら

「薄味の、おばあちゃんのためのひなあられなんじゃない?」

っていうんで

 

 

「酒飲みのおじいちゃんのためのひなあられとも言える」

と思った自分。

 

 

ひなあられリベンジ

 

納得いかなくて、デパ地下の梅園で

ひなあられ買ってきました。

 

hail_chick_situation201703_03

 

hail_chick_situation201703_04 hail_chick_situation201703_05

 

ひなあられって、

これでしょ!!!!!!!

hail_chick_situation201703_06

 

これこれ〜〜〜〜!!!!

hail_chick_situation201703_07

 

 

砂糖ばっかりだけど。

でも満足した。

hail_chick_situation201703_08

 

地方によって味が違うひなあられ

 

ちょっと調べてみたら、ひなあられって地方によって、違うんですね・・・。

わたしがこだわっていたのは思いっきり「関東風」だった模様。

 

 

関東は甘い、京都は甘い&しょっぱい、東海地方では35年前からマヨネーズ味が定番、大阪は甘い&しょっぱいにチョコあられも入っているんだそうです!

 

参考 ▶︎ “ひなあられ”が地方によって違うってホント?(東京ウォーカー)

 

 

ってことは、京風だったのかしら、と思ったら

はろうきてぃのひなあられは栗米製菓(新潟)でした。

 

 

あんなに文句たれて・・・笑

自分は生粋の東京人(祖母も母も東京生まれ)なのか・・・と思った出来事でした。

 

 

 

 

 

Nozomi.

 

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です