Books

【読書】「大笑い!精神医学」内海聡 & めんどぅーさ 著 感想

「大笑い!精神医学」内海聡 & めんどぅーさ 著

スポンサーリンク

「精神疾患」に対して処方されるクスリを依存症になるまで飲み続けている人が増えているそうだ。断薬を行うクリニックを運営している内海医師。子育てを通して、身近な社会毒、社会問題を問うめんどぅーさ氏の4コマ入り本。めんどぅーさ氏の漫画だけかと思いきや、漫画よりも文章の方が多い本であった。精神医学の実態と、見て見ぬ振りができないレベルまで浸透し、汚染された薬害の実態を明らかにしている。

「大笑い!精神医学」内海聡 & めんどぅーさ 著

精神病は作られたもの

人間、生きていればいろいろあるものです。「精神病」は作られたものであり、莫大な利益を生み出す一つのジャンルになっています。

「大笑い!精神医学」内海聡 & めんどぅーさ 著

発達障害は嘘

これは保育園に通う子供がいるなら実体験として知っている方も多いと思うが「何かとすぐに発達障害認定しようとしてくる軍人洗脳済み保育士が多すぎる件」。また、近所で保育園の散歩をしている場面によく出くわすのだが、上から「命令」しているようにしか見えない。確かに、散歩中の道路は危ないかもしれないが、その言い方で普段も「教育」していることが推測できる。

「大笑い!精神医学」内海聡 & めんどぅーさ 著

 

  • 必要なのは子供と本気でぶつかりあおうという姿勢
  • 真の親たる存在というのは、子供や家庭を守ろうと努力するもの。しかし「守る」の言葉を履き違えている人が今の世の中に多い
  • 甘やかすこと、厳しく躾けること、金銭的にサポートすること、人間関係の問題を精神科に持ち込むこと、精神科医の言葉を疑わないこと、薬を飲ませてコントロールすることが守ることだと考えている親。。。。。日本人の劣化、親たちの劣化という問題
  • 生きるということはまさに生涯学習であり、子供にとっても親にとってもお互いに教わるものがもっとも多い関係だということを学びましょう

 

精神的に病気になる原因

「大笑い!精神医学」内海聡 & めんどぅーさ 著

もっとも人を精神的に病気たらしめる思想の一つは「人に理解して欲しい」という願望であると言えるでしょう。これは患者と呼ばれる人々を観察する限り、もっとも多い傾向なのです。(略)みなさんが自分の心を強くしたいと願うなら、人に理解されたいという願望を打ち消すことです。それは主張するなということではありません。理解しあえる人は多くの説明がなくても相互に理解し合えるものなのです。そして薬など物質に頼るのをやめることです。やや宗教的に書けば、理解を求める心やモノに執着する心が煩悩と苦痛を生むということでありましょう。

引用:「大笑い!精神医学」111ページ

 

バランスを崩した「承認欲求」が人間を狂わせている。


大笑い!精神医学

まとめ

いつの間にか世の中の「常識」に成り上がった「精神的病」。かつては、鬱病なんて言葉は一般的ではなかった。ここまで誰もが知る「病名」になったことで、都合のいい免罪符のようになっている。処方された薬を飲んだが最後、ヤク中になるそうだが、ずいぶんと薬に「期待」している人が多いんだなという印象。

かつてここまで鬱病が「流行」する前、自分も1度だけ精神科にかかったことがある。しかし、その医師のやる気のなさに「鬱」ながらに驚いた。目が死んでいる。どっちが鬱なのかわからない。そして処方された薬は、飲んでも全く効果がわからなかったため、すぐ捨てた。弱いクスリだったのか、わからないけが、廃人にならずに済んだ。

実際は、タバコと砂糖に依存していたので、クスリに依存するのか嗜好品に依存するのか、という点ではなんとも言えないのだが。。。

以前、めんどぅーさ氏のブログでは社会毒や社会問題に切り込んだ、わかりやすい4コマが展開されていたのだが、最近ひさしぶりにチェックしてみたら「サイ◯ントロジー」推し記事が満載になっていた。よって、リンクは貼らない。なぜそっちへ行ってしまったんだ。。。。。しかし、これが内海医師がサイ◯ントロジストだと叩かれた原因だったのだなと今更理解した次第。


大笑い!精神医学

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

オススメ生地まとめはこちら(楽天ROOM)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA