エネルギー・心理系

12種体癖診断・カラーアクティベーションコラボ講座を受けたよ

【新種あり】12種体癖診断・カラーアクティベーションコラボ講座

スポンサーリンク

最近のこのブログではお馴染み、ゆにこさん主宰の講座を受けました。

体癖を研究されている整体師のえみさんの体癖診断と、ゆにこさんのカラーアクティベーションのコラボ講座でした。

12種体癖診断・カラーアクティベーションコラボ講座

講座の告知についてこちらの動画をチェック↓

まず「体癖」を知ることは

「本来の自分に気づき、理解することで自分自身を生きることができる。また自分から派生し、自分の子供、家族や周りの人間関係にも活かすことができる知恵」

かなと解釈しています。

戦後教育と情報過多でアイデンティティを見失いがちな現代人(特に日本人)にとっては、本質的な自分を認知し理解するツールになりうるものだし、身近である「肉体」にすでに自分が現れているよ〜ということかなと。

最初に野口整体の「体癖」について知ったのは、とあるコミュニティを主宰している方のpodcastでした。

その方も整体師を経て体癖に辿り着いており「体にはたくさんのメッセージがある」とおっしゃっていたので、自分の体癖を知りたくて一時期いろんなサイトの体癖診断などやってみたのですが、これがもうさっぱりわからず。。。

体癖の道場のようなものもあるようなのですが、閉鎖的という噂があったり、なんとなく足が向かず。。。

そのあとそのままにしていました。

今回の講座では、その体癖診断ができるだけでなく、体癖別カラーもあるとのことで参加を決めた次第。

講座の内容と感想

内容としては

  • 1〜10種類、基本の体癖の特徴などの解説
  • 11種、12種とは、の解説
  • 参加者が自分で自分の体癖をチェックする(チェックシートを使用)
  • シェアタイム
  • 前回の講座「カラーアクティベーション講座」の意識、エネルギー、シールドの色と体癖の関連
  • カラーアクティベーションで体癖のバランスをとるワーク

という感じでした。

ゆにこさんが作ってくれた資料のチェックシートで自分の感覚でチェックを入れて自己診断もしました。やってみて思いましたが、自己診断はやはり主観や思い込みとかもあるので正確に診断しづらいところもあるみたいですねー。

【新種あり】12種体癖診断・カラーアクティベーションコラボ講座

▲ A3ギチギチでこの情報量。これはもはや玄人デザイン業!コンビニじゃないとA3は印刷できないぽよ

個人的な感想としては「自分が本質的な自分を認められずに抑圧してきているかの割合」を改めて確認した感じでした。

例としてメイン体癖5種の特徴一部

私は5種がメイン体癖にあるらしいのですが、わかりやすくまとめているサイトから引用するとこんな感じです。

体癖5種の特徴

  • 前後型体癖5種は損得で動くスマートなビジネスマンタイプ
  • 行動派、行動発散型、同時進行
  • 利害・損得勘定、メリット・デメリット、計算で動く
  • 合理的で効率重視
  • 冒険・新しいモノ好き
  • 資本主義、個人主義
  • 広く浅く、応用力がある
  • ビジネスセンス・儲け話が好き(宣伝が上手い/話が分かりやすくて面白い=情報発信に有利/起業やベンチャー企業が合う/現代は5種の時代)
  • 社交的、飲み会好き

引用:https://holistic2525.site/type5-character

5種は「行動発散型」。体の動きでいうと「前後型」といって基本的に前後で動いているというもの(他は左右とか上下とか)。

エネルギーは動いて発散とのこと。。。有名人でもちょっといかついスポーツマンタイプが多いみたいです。

参考記事 ▶︎ 【前後型体癖5種の有名人】を思いつくまま挙げてみる

そういう目で見ると今の自分はかなり「行動不足」「運動不足」なのかもしれないと感じます。あと引越しとか移動が全然苦じゃないタイプで多動性なのかもしれない(引きこもっていた時期はなんだったんだろう。。。)

占星術のヘリオセントリックの診断でも「しっかり考えて動こうと思っているかもしれないが、動きながら理解していくタイプでそっちの方が本質的である」というフィードバックを受けたこともあり、やはり動き方をガラッと変えて(戻して)いかないとダメなんだなーと思っている次第。

でもどこかに体癖5は「不安だからこそ動き回る、むしろ不安がなくなったら動かなくなる」的なことが書いてあったのですが、不安に追いかけられて動くのって資本主義的には「成長」かもしれないけど、全然幸せじゃないと思うんだが。

全く終わらない漠然とした不安のループはラットレースそのもの。周りになんと言われようと、理由不明の心理的不安は少しでも減らすとか悟るとかできるならしておいた方がメンタルバランス的に良いと思う。

不安っていうのは人間的世界の「納期」とか「何かの期日」とかまでの間で充分。人間は絶対的安心感=セキュアベースが整っている方が、人生幸せに生きられるというのが何年も苦しんだのちに出した結論です。

体癖的視点でいうと、この数年は肩書きがクリエイティブだった職業的にも1種(頭脳系)や9種(職人系)に憧れがあって、そのように生きれれば結果につながる実力がつくんじゃないか・・・と思っていたが、全くうまくできるはずもなく悩む、みたいな時期でした。

不器用すぎですね。汗

「利害損得で動き、計算が得意で合理的」とは言っても、企業に忠誠が誓えず、反骨心剥き出しで営業は向いてないし、計算も運営も苦手、と思っている。。。。

媚を売って売れようとするくらいなら死んだ方がマシと思っていたことがあるけれど、かつての透視系の友人には「元々は貢がれるタイプ(水商売で成功しやすい)」と言われたこともあり、嫌感はただのデータかもしれず、本当はそっち系なのかもしれません。。。汗汗汗

「呼吸器が強く、疲れ知らず」はちょっと信じられなかった。呼吸器が強いはずなのに幼少の頃、気管支炎になったり、窒息しそうになったり、何かとトラブルがあったので、かなり幼い段階で抑圧傾向だったのかもしれない。

最近の疲れやすさは体力か、生き方か。。。

「新しいもの好き。流行に敏感」でも流行には乗っからない頑固さがある。。。それはそれ。っていう。

でも商売や仕事としてアウトプットするときに、その情報を意識して作ったり伝えたりするとすんなり通ったりウケることを体感的に理解しているんですよね。

何かと自分で思っていなくても「センスがある(いい)」とか言われると思うんですが、まさにそういうところだと思う。ターゲット層がウケる形でアウトプットすることができるというか。そこで迎合しているかもしれない自分を楽しめるのかどうかがポイントなんだと思う。

最後、「倫理観は低め」っていう項目。。。。汗

実は、数秘5で年齢もいい大人だけど、倫理観が完全にゲシュタルトを2周りくらい超えて崩壊している自由人(女性)がの知り合いがいて、ちょっとその価値観どうなんだろうと思う瞬間があったのですが、もうこの人って「許したい自分」なのかもなって思いました 笑

自分を認めることがまず第一歩だよね

5種に絞っていろいろみて見ると「あれ、その感じどこへ行ったっけ・・・・?」という周りに合わせて極力そうならないようにしてきたポイントがいくつもあって少し冷や汗です。

自分が最近、数秘3の人に放った自分の言葉↓

 

「もうさ〜、そもそもチャラいキャラなんだから仕方がないじゃん?

親の期待に応えようとして真面目ぶったってもう無駄だってわかっただろうし、自分が自分を認められないから苦しいんでしょ?

鬱だとかなんとか言ってるけど、それただの免罪符だから」

って、言ったんです。笑

 

こうやって文字にしてみると、

かなり偉そうなこと言ってますけど、、、、、

それ私自身に対してじゃない。。。?

っていう。。。

 

ブーメラン。。。笑

もうここまで生きてきたから他と比べても仕方ないし、今ここから、自分じゃないものを捨てて本質的な生き方すればいいじゃん、ていう。

体癖ではないけれど、足指で診断する「トゥーリーディング」というものでは「外反母趾」でその辺を判断していたりするんですが、私、左側がかなりきてるんですよね(左側=女性性)。

外反母趾って、小さい枠にはまらなきゃっていう心理的にもエネルギー的にも纏足状態ってことなんじゃないかな。。。。

体癖の数字は数秘に関連する説(仮)

個人的には数秘と体癖の数字の関係性があるのではと思ったりしました。

私自身は数秘5をコアナンバーで2つも持っているので性質が強く出ているだけで、ばらけている人はそうでもないのかもしれませんが(ホロスコープ[ジオ]では1ハウスに天王星が入っているし)

数秘術を学びたい人へのおすすめサイト&本&講座《無料あり》今、いろんな情報に区切りをつけたり、処理したり、整理したりしています。今日は、その中のひとつ、数秘術について。整理していて、おすすめのサイトや本が結構あるなと思ったのでまとめておきます。...

体癖は○種、と1つに断定されるというより、ある種類がメインで、あとはちょろっと入ってるという「複合体癖」が多いんだろうなと思います。

なのであまりはっきり1つ答えがある診断というより、理論を元にして自分がどういう傾向があるのか?を知っていくのが体癖なのかなと。

カラーアクティベーションについて

カラーに関しては、体癖にも関係があるということで、私はカラーアクティベーション講座に出ていなかったので、自分で見てみた後に、ゆにこさんにカラーの確認をして頂きました。

ゆにこさんのYoutubeでも言われているのですが「日本の国旗の赤は実はコーラル」なのだそう。またコーラル系の色は、集合意識や大衆とつながるために必要な色なので、有名になったり人気がでる人は必ずこの色を持っているとのこと。

ビルゲイツは本当はコーラルを持っていないのに、アジアに迎合するために仮面としてコーラルカラーをつけているというのもすごく興味深い話でした。

他は、全体的にイエロー系の何かという感じで

意識はオリーブグリーン、エネルギーはイエローコーラル、シールドがなんとかグリーン(忘れた。。。)でした。

体癖5種はオリーブリーンだそうです。秋だしカーキのボトムスでも買いますか。笑

あるカラーで「自分のじゃないのが乗ってる」=集合意識か家族にすごく心配されてたとか、ということだったので、母親かなと思って色を調べてみたら

「あ、こればあちゃんかも・・・・」とピンときた私。あざみの花が好きだったおばあちゃん。

カラーを使ったエネルギーワークも教えていただき、とてもいい勉強になりました。

さいごに

というわけで体癖&カラーアクティベーションの講座の感想でした。

「体癖は奥が深くて未完成の技術」というのはどこのサイトにも書かれているのですが、自分のタイプというものは知ろうと思えば、今の時代、どこからでも知ることができるのかもしれないです。

チャクラも状態によってカラーが変わるのと一緒で、体癖は温度によって種類が出てくるということもあるらしく、その辺はもう少し研究として深掘りしないとわからないと思ったことと、あまり体癖の種類やカラーに囚われすぎて視野を狭くしてもな〜と思うので、また気になったら勉強したいなと思います。

単発の講座は参加できなくても、ゆにこさん個人セッションでも開催可能とのことなので、気になる方は問合せしてみてください。

 

Nozomi

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です