身体のこと

腱鞘炎になりまして・・・原因は?体とメンタルの関係

スポンサーリンク

最近、右の手首が腱鞘炎ぽくなりまして。痛いのなんの。原因とか因果関係あるのか調べてみました。

腱鞘炎の原因

 

iPhoneredPAKU8846_TP_V

 

考えられる原因ていったら

  • スマホの使いすぎ
  • Magic Mouseで無理しすぎ

 

考えたら数年ごとに1度、痛くなってるなぁと思い、ちょっとググって見たんです。

検索キーワードは

「腱鞘炎  原因 リズ ブルボー」笑

 

リズ・ブルボーさんて、体とメンタルの関係を説いた本とか書いていたんですが、それを思い出したもので。そしたら面白いのがヒットしたのでシェアです。

 

 

肉体は精神、感情に繋がっている

 

 

「私たちの不調や病気は、私たちがエゴに完全に支配されているために起こる」

 

(略)

 

彼女のエゴは、どんなことでもまじめにやらなければならない、単なる娯楽のため、遊びのためにテニスをやってはならない、と信じ込んでいたのです。

 

さらに、彼女は、自分の母親が同じ〈思い込み〉を持っていたことも思い出しました。彼女の母親もまた、自分自身に対して非常に厳しい人間だったのです。

 

この腱鞘炎は、彼女に、テニスをやめなさいと言っていたのではないのです。そうではなくて、遊ぶことに関する〈思い込み〉を変えた方がいいですよ、と彼女に教えようとしていたのです。私たちは何か苦しいことが起こると、「これは、何かをしなさい、あるいは何かをしてはならない、ということだろう」と考えがちです。

 

(略)

 

私たちは、どうしても原因を純粋に肉体的なものと考えがちです。しかし、実際には、〈物質体〉(=肉体)、〈感情体〉そして〈精神体〉は、分かちがたく密接に結びついているのです。それにもかかわらず、エゴは、あなたが、問題の原因を外側の世界に探すことを絶対的に望んでいます。エゴは、病気の本当の原因である自分の〈思い込み〉にあなたが気づくことを、極度に恐れているのです。

 

引用:リズ・ブルボー「自分を愛して」

 

ドッキリした赤字の部分。。。

 

実は始めようと思っていることがあるんです。手を、使います。

でも、

 

 

「それでお金を稼げるようにorちゃんと結果残すor成功しならなければならない」

 

って思ってる奴(自分)が振り返ればそこにいる!!!!!!!

 

織田裕二!!!!!

 

 

って思いました(笑)

そういえば、「遊ぶ」って何??

最近よくわからない。。。。

 

 

小さい頃「ゲーム(ファミコン)は1日1時間ね」って言われて守っていた仮面優等生。弟は部屋に持ち込んで何時間もやっていた。怒られるのが嫌でゲーマーの友達の家に行ってひたすらゲーム一緒にやっていました。

 

 

いつも働くとか、結果に繋がるとか、どこかで意識して、遊びっぽいことでも結構、まだまだ相当力んでんじゃないのか?と我振り返る。完璧主義、ここにあり。

 

もっと気楽に始めて、気楽にやめてってことも自分に許そう。。。って思いました。

腱鞘炎、体の声ってのもあるかもね〜、というお話でした。

 

 

 

Nozomi.

 

リズ・ブルボーさんの本はこちら

 

 

自分らしさにフィットする下着・リラックスランジェリーなら「はごろもランジェリー」
はごろもランジェリー

このブログでご紹介・おすすめしているリラックスショーツ・リラックスブラは主に「はごろもランジェリー」の型紙を使用しています。2500部以上の販売数を達成した、某ふんどしパンツの型紙企画制作経験から作られた型紙です。

従来の、魅せる為の下着、補正する為の下着とは別ジャンルの「リラックスする為の下着」それが「リラックスランジェリー」です。補正力はありませんが、自分で調整できる作りで、余分な締め付けがない為、緊張した体を緩めるとして支持を集めています。

最近では、就寝時のみふんどしパンツを着用して、良質な睡眠を促進すると言われている「夜ふん」が若い世代でも注目されているようです。

「自分で作るのはちょっと・・・」「お裁縫が苦手」という場合は、完成品の注文もできます。裁縫初心者でも大丈夫!まずは簡単な「手ぬぐいブラ」や、生地選びが苦手な方に嬉しいキットもあります。

私自身は中学生の裁縫レベルから初めましたが、コツコツ続けて自分で作れるようになりました。型紙には、初心者がつまづきやすいポイントをカバーした、わかりやすいレシピがついています。

自分の体に合った下着を一緒に作りませんか♪

はごろもランジェリー公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です